明日葉とは一体何?

明日葉 画像

明日葉は、温暖な太平洋沿岸部で自生するせり科の植物で、
三浦半島、房総半島、大島や八丈島、紀伊半島や
伊豆諸島で育っています。

 

原産国は日本と言われており、昔から食用として
知られていますが、最近では青汁の原料
なっていることが多いです。

 

明日葉という名前の由来は、とても強い成長力があり、
葉を積んでしまっても翌日には新しい葉が出るので
このような名前になったとのことです。

 

2月中頃から5月くらいが旬と言われ、有名な食べ方は天ぷらです。

 

明日葉は、現在とても注目されている食材で、
健康を気にしている方、美容を気にしている方にとっても
優れた栄養成分が入っています。

 

 

明日葉の特徴について

明日葉 画像

 

三つ葉などに明日葉はよく似ています。

 

青汁の原料としてよく知られていますが、
昔から薬草として使用されています。

 

高麗人参の代用品として中国では使っているそうです。

 

青汁の原料としてはケールも良く知られていますが、
苦みがケールよりもないので、食材としてもよく使われています。

 

明日葉は、美容に敏感な女性達にも大人気ですが、
デトックス効果があるとされているからです。

 

 

明日葉を選ぶ際のポイント

 

明日葉を選ぶ時のポイントは、
緑色が濃くて鮮やかなものものを選ぶことです。

 

日が経つと、黄色っぽくなります。

 

それから、好みによるのですが、
茎は柔らかくて細いのが良いです。

 

一度に全部を使用しない時は、濡らした新聞紙にくるみ、
ビニール袋に入れ、冷蔵庫に入れておきましょう。

 

冷蔵後に立てて入れておくと、傷みも予防出来ますし、
茎が曲がらずに保存可能です。

 

明日葉は乾燥が敵となりますので、長期間おいしくキープするため
保存する時も乾燥予防しましょう。

 

 

明日葉を食べる

明日葉 画像

 

明日葉の有名な食べ方は、天ぷらです。
ちょっと癖があるところが、油と好相性です。

 

天ぷらでも炒めても、癖があるところが
すっきりした風味として感じることが出来るのです。

 

それから、和え物やお浸しも良いですよ。

 

歯と茎の部分を分けて茹でるようにしましょう。
茎は、火が通るのに時間がかかるので、先に茹でましょう。

 

葉は、熱湯にさっとくぐらせるようにしましょう。

 

茹でたら、いっきに冷水で冷まし、軽く水気を絞ります。

 

明日葉は、健康食材として話題になっており、
レシピもたくさんありますので、探してみると良いですね。